7時19分による文章の類
by 7時19分
以前の記事
2017年 08月
2016年 07月
2012年 12月
2011年 11月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
その他のジャンル
お気に入りブログ
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
夢散文
小学生の時に住んでいたアパート
やたらと蜘蛛がいる
部屋は二階以上
オンボロアパートの内部に小綺麗なアパートが入っている
建物の中に建物
所々雨水?が滴り落ちている
水色の鉄筋アパート
そろそろ蜘蛛撃退スプレーを買っておこうと思う
アパートの通路を奥へ進む
通路で所謂パリピなギャル達がキャッキャしていて、しかも寝そべって
俺の部屋の周りでなにしてんだと思いながら、よく考えたら階を間違えていたと気づく
部屋へ戻ろうと歩いていると後ろから女性が走ってくる
決して美人ではないがショートカットのそそられる感じな健康的な
あのパリピな仲間達に一緒に行ってきなよとそそのかされたと
いつの間にかセンター街的な街並みを二人で歩く
何か誰かへのプレゼントを買いたいらしい
それを選ぶのを手伝って欲しいらしい
選びながら誘われる
結婚していると薬指を見せると、私もと言われる
同じじゃんと笑う
(少し残念な気持ち)
彼女はいつの間にかいなくなり1人
ここはどのあたりなんだと思いながら家路へと向かう
途中子ども達が排水溝で騒いでいる
少女が靴を落としたらしい
排水溝から伸びた蓋の下をのぞき込むと似たような靴が幾つかある
似た靴を一つ手に取ったが違った
排水溝の向こう側の出口付近にそれと思われる靴があり
向こう側に少女がのぞき込む
そっちにあるぞと教えると少女は靴を見つけて無事に手に取った
良かったな、もう大事なもん無くすなよ
目が覚めて、1人
f0182052_23102389.jpg

[PR]
# by mottohikariwo | 2017-08-17 23:05
性悪説のひとつとして
f0182052_01331050.jpg

 界隈で知り合った一組の男女と、その知り合った男の部屋へ私を含め三人で向かった。その男は用事があるとも言わず部屋を出て行ってしまったので、女を優しさでくるんだ下心で口説いて自宅へと抜け出した。
 帰る道すがら、学生時代の女友達や会社の元同僚に出くわしたが笑ってごまかし自宅へと急いだ。下心で一生懸命なのは疑いようのない事実だ。

 自宅は小学生時代に住んでいたアパートに似ていて、一階だった。鍵を開けると嫁の姿が見えた。

 振り返って女のきょとんとした顔を見るなり私は、ごめん、嫁とその友達が帰ってきてるから今日は無理だわ。そう言って何故か自宅の鍵を女に手渡し追い出した。女の顔を見ることが出来なかった。

 嫁と友達がいる部屋に入り、冷や汗をかいているところで目が覚めた。

 喉が渇いていて、両手は股間に被さっていた。リビングのテーブル脇でいつの間にか寝ていたらしい。

 元々が下衆な人間なんだ。どんなに良い人の皮を被っていたって。

 テーブルに置いてあった生温いお茶を飲み干し、キッチンの換気扇下で煙草に火をつけた。行きずりの女とヤレなかった残念な気持ちと、まだ仕事から帰ってきていない嫁に申し訳ない気持ちと、まだ目が覚めきっていない混沌とした気持ちが、疲れきって怠い体の節々に纏わりついている。

 自分好みでもないが美人だと思った行きずりの女の顔は、もう思い出すとこも出来なかった。
[PR]
# by mottohikariwo | 2016-07-29 01:24
なにをもって正しいか
f0182052_21312475.jpg


 近くで祭り特有の甲高い笛の音が聞こえる。そう遠くはないけれど、どこから鳴っているのか見当はつかない。

 祭りに参加するわけでもなく、僕らは知らない街を散歩していた。

「ねえ、この傘見て」

 桜だよ、桜。そう言いながらシャッター音を響かせている。少し静まった通りにカシャカシャと鳴るその音は、遠くの祭り太鼓の音の隙間を縫って、自己主張していているように聞こえた。

 真っ青な空に赤い傘が見事なコントラストを見せている。

 満足した写真が撮れたのか、次の標的を軽やかな足取りで探している。

「やっぱりさ、桜はピンクじゃないよね。昔の人はよくわかってらっしゃる」

 僕の不思議そうな表情に、当然とばかりに笑って言う。

「桜は白色が一番綺麗に見えるじゃん」



♯White angel
[PR]
# by mottohikariwo | 2012-12-13 22:00
反して
f0182052_0524574.jpg


「可愛い!いいなあ、これすごく欲しい」

「お、ほんとだ。いいね。買ってもいいけど、いくらするんだろ」

 あ。彼女がぽつりと呟いた。

「値段が可愛くない」


♯Dejihari
[PR]
# by mottohikariwo | 2012-12-13 00:57
たくさんのひとを愛するということ
f0182052_331654.jpg



 一夫多妻制という文字がチラリと目の前を横切っていって、はてと思う。

 結婚する前は少し羨ましいような気持ちを持っていたけれど、今思うと案外そうでもない。

 嫁一人愛するので精いっぱい。

 一夫多妻制の国の男性は、とても器用な愛情の使い方を心得ているのではなかろうか。と、感心したりしなかったり。


♯Dejihari2+++
[PR]
# by mottohikariwo | 2012-12-12 03:01