7時19分による文章の類
by 7時19分
夢散文
小学生の時に住んでいたアパート
やたらと蜘蛛がいる
部屋は二階以上
オンボロアパートの内部に小綺麗なアパートが入っている
建物の中に建物
所々雨水?が滴り落ちている
水色の鉄筋アパート
そろそろ蜘蛛撃退スプレーを買っておこうと思う
アパートの通路を奥へ進む
通路で所謂パリピなギャル達がキャッキャしていて、しかも寝そべって
俺の部屋の周りでなにしてんだと思いながら、よく考えたら階を間違えていたと気づく
部屋へ戻ろうと歩いていると後ろから女性が走ってくる
決して美人ではないがショートカットのそそられる感じな健康的な
あのパリピな仲間達に一緒に行ってきなよとそそのかされたと
いつの間にかセンター街的な街並みを二人で歩く
何か誰かへのプレゼントを買いたいらしい
それを選ぶのを手伝って欲しいらしい
選びながら誘われる
結婚していると薬指を見せると、私もと言われる
同じじゃんと笑う
(少し残念な気持ち)
彼女はいつの間にかいなくなり1人
ここはどのあたりなんだと思いながら家路へと向かう
途中子ども達が排水溝で騒いでいる
少女が靴を落としたらしい
排水溝から伸びた蓋の下をのぞき込むと似たような靴が幾つかある
似た靴を一つ手に取ったが違った
排水溝の向こう側の出口付近にそれと思われる靴があり
向こう側に少女がのぞき込む
そっちにあるぞと教えると少女は靴を見つけて無事に手に取った
良かったな、もう大事なもん無くすなよ
目が覚めて、1人
f0182052_23102389.jpg

[PR]
by mottohikariwo | 2017-08-17 23:05
性悪説のひとつとして >>